2020年大晦日!総括!

どうも、たろー(@kentarobojin)です。

 

晦日ですねー、今年もお疲れ様でした!

2020年はコロナ一色の一年となり、自宅にいることも増えゲームをやる時間も増えたことかと思います。

私と言えば、確かにゲームはやってましたけども、同じゲームをずっとやり続けた一年となってしまいました。なので、新規でやったゲームってあんまり無かったかな…。

2020年のゲーム達

とりあえず、今年やったゲームを羅列します。

こんな感じですかね。ただ、モンハンは去年からずっとやってたので今年のゲームと言われると微妙だし、ペルソナ5の二つとも去年のゲームなので今年のゲームと言えるのか?って感じだし。

そうなると、新作ってFF7と龍が如く7しかないんですよねー。奇しくも7繋がり。

一番プレイしたのは?

去年一番やったゲームといえば、モンスターハンターアイスボーンということになりますね。

f:id:ttta_ro:20191022103700j:plain

プレイ時間300時間超って感じでした。

やっぱりストーリーもほぼなく、モンスターを狩まくるってのが黙々と時間をかけてやってしまった要因でしょう。あとは、途中から一緒にやる友達ができたのも大きかったですね。

来年はSwitchでモンスターハンターライズも出るし、またモンハンの年になりそうです。

面白かったのは?

では、一番面白かったのは?というと、これはペルソナ5ロイヤルかなと。

正直、2018年のゲームに追加要素の3学期を付加したものではありますが、2018年で一番面白かったゲームですし、3学期が出来たことでその後の怪盗団たちの物語も見れてかなり満足出来ました。

芳澤すみれがイチオシだったのもありますが…。

逆に、ペルソナ5スクランブルはすみれが出てこなかったのは不満でしたけど。とはいえ、60時間くらいはプレイしているので…。ハマってるんでしょうねぇ笑

龍が如く7は?

FF7リメイクや龍が如く7ももちろん面白かったですが、FF7リメイクに関していえば一周で終わったので多分30時間くらい?龍が如く7は結構ハマったので50時間くらいはやってた気がします。

龍が如く7は桐生一馬の物語が終わって、新たに春日一番を主人公に据えた最初のゲームであったので、システムも選択式のRPGに変更し心機一転頑張った印象がありました。従来のゲームシステムが好きな人は、あんまりって感じだったようですね。特に、選択式というのがモッサリしているような印象を受けたって友達からも聞いたので、善し悪しなんでしょう。

私は好きですけどねー。

ただ、スマホゲーの龍が如くオンラインは正直ツマラナイですね。ゲーム開始から先日までやってましたけど、ついにやるのを辞めてしまいました。一生飽きないゲームってのは無いものですね…。

来年は?

来年は文中にも書きましたけど、おそらくモンハンライズの年になるでしょう。

また、前回の記事でも書きましたけど、ゲーミングPCの購入を考えているので、Steamデビューもするかもしれませんねぇ。まだスペックも決め兼ねてる状況ですけど…。

 

dhunennurugamer.hatenablog.jp

PS5もあるし、ゲームに対してどういうスタンスを取っていくべきか、考えながら生活していきたいと思います。

美容もねー、ちょっと気になってはいるんですけど。

 

というわけで、ゲームブログを書いてはいますが、ゲームをモリモリできる感じになってないのが申し訳ないんですけどねー。来年はもう少しプレイ頻度上げていきたいです。

 

では、みなさま良いお年をー。

 

 

ゲーム実況をやってみたい!

どうも、たろー(@kentarobojin)です。

 

趣味はゲームと筋トレです!

 

なので、普段家に帰ってきたらゲームか筋トレしてるんですけど、やっぱり中年になるとゲームしてるのってなんとなく罪悪感あるじゃないですか。なのでゲームブログってのを書いてるんですけど、他にも合法的(?)にゲームをやることに罪悪感を抱かなくて済むやつあるじゃない。

 

そう、ゲーム実況です。

 

というわけで、自分の罪悪感軽減のためにゲーム実況やってみたいなーと思ってるんですよね。

 

ちなみに、ゲーミングPCについて悩んでいる記録のブログなので、読んでも何も解決しないと思います。それを踏まえた上で、構わん!という烈海王のような方のみ、本文にお進みください(笑)。

 

 

ゲーム実況をやるためには?

というわけで、ゲーム実況をやってやるぜ!と思い、今回はPS4アサシンクリードヴァルハラを買ってきたんですけど…。

  

 
あれ、ゲオの中古は6500円くらいだったような…。アマゾンの新品の方が安いやんけ!どうなってんの!
 
ま、まぁいいや。
 
で、買ってきて意気揚々とどうやってやるのかなーって調べたんですが、ゲーム動画の録画って簡単に出来ない?らしいですぞ…。
 

ゲーム実況にはパソコンが必須

PS4でゲーム実況をやる場合、PS4にはシェア機能というのが備わっていて、ボタンひとつでアップロード出来るようにはなっています。ですが、このシェア機能だと60分までしか録画できず、かつ720p/30fpsでしか録画出来ないとのこと。

 

また、禁止区間も録画出来ないので、それも問題あり…。といっても、禁止区間があるゲームって配信も禁止なのかな??その辺はちょっとわからないんですが、なんとなく著作権にひっかかりそうですよね。アトラス系は最後の方禁止区域に設定されてるのとが多いので、ちょっとシェアするのは怖いかなーって思ってますが。

 

で、巷のゲーム実況者はどうやってるのかというと、キャプチャーってのを噛ませてパソコンで録画してるんですよ。なので、パソコンが必須なんですね。

 

パソコンはWindows一択

ご存知の通り(?)私はMacユーザーでして、今はMacbook pro 13インチ 2016のスペックモリモリを使っております。でもこれでもちょっともっさりしてきたので、この4年でだいぶOSが重くなったんだなーと感じてますが…。

 

動画の編集をするならMacっしょ!と思ってたんですけど、結局ゲーム動画を録画するのにはMacだと選択肢がめっちゃ少ないんですよ。必然的にWindows機にならざるをえないと…。

 

結局ですね、SteamもWindowsじゃないと対応するゲームも少ないし、やっぱりMacってのはクリエイター向けなんですよね結局。Windowsの方が種類も豊富で選択肢も多いし、 パソコンだけで完結できるのがコスパ的にもいいんだよなー。

 

どちらにしろ、キャプチャボードもWindows機の方が豊富だし、据え置き機をプレイするにはキャプチャボード必須だし、そうなるともうWindows機を買うしか無いということになるんだよねぇ…。

 

デスクトップかノートパソコンか

これはもうデスクトップ一択でしょう。

 

ノートバソコンは携帯性が重要なので、ゲーミングPCのような重量物を持ち歩いて何かをするという気には絶対になれないからです。

 

また、これは昔からそうですけど、どうしたってデスクトップの方がコスパが全然良いです。値段に対するパフォーマンスが全然違いますからねぇ。拡張性も高いし、これはデスクトップ一択で間違いない。

 

まぁどうしてもノートPC一台で全てを完結させたいって人はノートでもいいかもしれませんけどねぇ…。

 

ゲーミングPC(デスクトップ)の価格は?

そうなると、じゃあゲーミングPCってどれくらいするの?ってのが気になるところ。

現在のゲーミングPCの要求スペックってどんなもんなのか?ってのを調べてみました。

やば、全然ついていけねーw

考えることが色々ありすぎて、これは頭を悩ませる感じですね。

必要なのは、

  • 高スペックCPU
  • モリモリのメモリ
  • グラフィックボード必須
  • HDDよりSSD
  • 電源も重要

こんなもんかな?

高スペックCPU

高スペックCPUってのはIntel製のcore iなんちゃらってやつで、iなんちゃらの後の数字が大きい方が高スッペックである。core i5 より core i9の方がスペックが高い。価格も高いということ。

それも、core i9の中でもまた種類があって、コア数によってまた価格にバラ付きがあると。core i9の下位機種より、core i7の上位機種の方が早い場合もある…。

 

これは一体どうしたらwww

 

一旦保留…。

 

メモリ

メモリに関しては、16GBあれば十分かなーって感じ?

ただ、これも色々種類があったりするから数字だけ見てればいいのか?というとどうかわからないんだけども。

 

動画編集もWindowsでやったりすることを考えると、32GBくらいあってもいいのかもしれない。お金があれば。お金が、あればね…。

 

グラフィックボード

これがねー、鬼門ですよ。今までの人生でパソコンはかなり買い替えてきましたけども、グラフィックボード付きのパソコンを買ったことが一度もないんですよ。

なので、この辺がめちゃくちゃ疎い。GeForceってのがグラボってことは知ってるんですよ。ただ、それをつけてなくてもできるゲームしかしてなかったので、知識として蓄えていなかったんですよね…。これを気に勉強するか…。

 

といっても、スペックを比較して導入するだけですが。

 

ただ、この辺はやるゲームによって要求スペックが違うから、なんでもかんでも高スペックなグラボを搭載すればいいかというわけでもない。ビデオメモリ8GBもあれば充分かなー?と思うがどうだろうか。

 

SSD

記憶容量はSSD一択でしょう。これはもう、起動速度も全然違うし、保存速度も全然違うし、SSD以外考えられないな。

 

欲を言えば、SSD+HDDでデータ保存とシステム容量を分けるってのもアリですね。金があれば…。

 

電源

これ、結構びっくりなんだけどゲーミングPCってめっちゃワット数が高い…。

 

ミドルクラスのゲーミングPCで500Wだって。ハイエンドPCだと800Wくらいにもなるらしい。800Wって…。電子レンジと同じじゃん…。電気代がすごいことになりそうだな、これは。

 

どれくらいのスペックで見積もるかだけど、電気代も覚悟しないといけないっぽいね。嫁に怒られるかな…。

結局価格は?

全く何も決まってないのに価格を提示することはできないのですが笑、一旦パソコン工房を覗いてみる…。

f:id:ttta_ro:20201227224555j:plain

ゲーミングチームとめっちゃコラボしてるーーー。

 

すいません、プロゲーマーとか全然知らないんで、これはどれを選んだらいいのか全くわからんぞww

 

くじけそう…。でもまぁ、この辺はグラフィックゴリゴリのゲーム系だと思うので、外してもいいのかなと。下の方に定番の構成を出してくれているので、これを参考にしてみる。

 

f:id:ttta_ro:20201227225451j:plain

モリモリで30万か…。

現実的にはミドルタワーあたりで折り合いをつけるところかなー。20万弱か。モニターも4K揃えようとすると、まぁまぁな金額になるなこれはww

決心するのに時間がかかりそうだ。

まぁでも、年内には決意を固めたいところ。

周辺機器も必要

ゲームするだけだったら、パソコンだけでもいいんだけど、ゲーム実況するには他にも周辺機器が必要になってきます。あと必要なのはマイクとキャプチャーボードくらいか?周辺機器ではないけど編集ソフトも必要になってくるから、費用としては計上しないといけない。

 

40万は見といた方がいいのだろうか??

 

うーむ、ちょっとヒヨってきたぞww

 

続く

今回はゲーミングPCについて考えてみた記事になりました。なんの生産性もない記事で申し訳ない…。

 

悩んだ記録としてご容赦願いたい。これを踏まえて、ゲーミングPCを購入した時の記事を書きたいと思いますので、呆れずに見てください。