ドンパチチャレンジ!龍が如くonline

ドンパチチャレンジが始まった

どうも、たろー(@kentarobojin)です!

 

 龍が如くonlineで新イベント始まってましたね。ドンパチチャレンジです。

 

f:id:ttta_ro:20190116212557p:plain

 

ドンパチに参加すればするほどチケットが貰えるが…

 

f:id:ttta_ro:20190116212752p:plain

 

今回のイベントはドンパチに参加して、課題をクリアするとチケットが貰える方式です。私は正直あまりドンパチに参加せず、代理参戦のみだったわけですが、これにより多少参加する意識が芽生えたかな?という感じ。

 

しかし、ドンパチ自体が1日に2回だけしか開催されず、時間も完全に指定されているので会社員には辛い仕様だったりする…。

 

 

 実際あまり評判良く無いみたいですね、今回のイベントは。新ストーリーなんかもないし、淡々とやるくらいしかないのかなーって感想でした。

 

同時期に、絆ポイント2倍イベントもやったんですが、私はこの年末年始でカンストしてしまったのでこちらも全くの無意味(苦笑)。困ったもんですね。

 

仮面の暗殺者来襲!の事前クエスト開始

 

f:id:ttta_ro:20190116213308p:plain

 

と、思ってたところ、イベクエで新しいのが発表されました。

 

まだ内容はわかってませんが、どうやら以前のイベクエである三匹の野獣のような感じかな?今回も3人イベントイラストに書いてありますからね。

 

スタミナとは別に参加できる形式の方が倍楽しめるので、個人的にはこちらの方が好きですねー。早く始まらないかな。

 

キャバクラ攻略:ゆい

そういえば、キャバクラも順調に二人目クリアしました。

 

ギャルキャラのゆいです。本編も絆もやることないので、キャバクラが捗るんだがねぇ。結構選択肢が難しいです。

 

次にソフィアをターゲットにしてますが、こちらも選択肢がよくわかりません…。

 

まぁ通ってればいずれ攻略できるので気長にやってくつもりですけど。

 

今の所、ゆいより明日香かな…。

 

f:id:ttta_ro:20190116212512p:plain

 

 

キムタクが如く!クリア!(JUDGE EYESだぞ)

祝!キムタク出演のJUDGE EYESクリア!

 

f:id:ttta_ro:20190113235315j:plain

 

どうも、たろー(@kentarobojin)です!

 

年初一発目のゲームクリアとなりましたよ、JUDGE EYES:死神の遺言。

 

やっぱね、再認識しました。やっぱりね、キムタクかっこいいよ。そりゃそうだよ、ジャニーズだし。ずっとキムタクでやってきたんだもん。そりゃかっこいいよ。私なんていつもブレブレのキャラクターで日常過ごしてるもん。

 

2019年一発目から、面白かっこいいゲームがプレイ出来て、あたしゃ満足ですよ。

 

とりあえずサブストーリーそこそここなしつつ、メイン制覇っていう感じでやってて、30時間くらいでクリアでしたね。サブストーリーがおそらくまだ少し残ってるので、もう少しやると思いますが。

 

 

JUDGE EYES 良かったところ・感想(ネタバレ少なめ)

登場人物がいいよ

まぁ一番良かったところは、もちろんキムタクが出てたことですよね。龍が如くといえば、ストーリーを楽しみにしている人が多いと思いますが、キムタクが主役を演じたことで割とスッと頭に入ってくる感じでした。

 

f:id:ttta_ro:20190103094846j:plain

 

有り体に言えば、ドラマを見ているみたい、という感じですかね。

 

こいつはキムタクなんだ、と思ってみているとキムタクになっちゃうんですけど、実写から一枚CGというフィルターを挟んでいるだけで、キムタク感が和らぐというか、ストーリーを追っていて、キムタクが八神に見えましたからね。

 

なおかつ、脇を固める俳優陣もカッコいいじゃないですか。

 

ピエール瀧さんや、中尾彬さん、谷原章介さんなどなど、マジでこれ実写化狙ってんじゃないの?みたいな配役でしたね。バトルシーンを実写化すると途端にチープになるので、あまりやって欲しくはないですが、バトル無しなら見てみたいかも?

 

安定のストーリー

まだ続くか!?ってくらい、これでもかと最後は怒涛の展開って感じでしたね。最後の敵は結局アイツになるわけですが、奴の狂気じみた演技により、最高にサイコパスなラスボスとなったと思います。

 

龍が如くのラスボスといえば、シリーズが進むごとに小物感が出てくる奴だったので、今回は演出込みで良かったですねー。

 

ストーリーといえば、敵が強大すぎるってのもビビりながらストーリーを進めていたのを思い出しました。これ進めるのはいいけど、ラストどうなんのよ?的な…。現実はあんなにうまくいくとは思えないけど、法廷でのシーンとかはそれなりに説得力があったかなーと個人的には思ってます。

 

恋愛要素?もよい

龍が如くといえば、キャバ嬢とかサブクエとかで恋愛がありましたが、今回のキムタクが如くでももちろんありました。

 

4人のガールフレンド候補が存在し攻略することができます。ただ、攻略といっても連絡取りまくっていれば彼女にできるような印象を受けましたので、攻略要素は薄いです。全員同時に彼女にすることもできます(トロフィーにあるからね…)。私はもちろん、4股です。現実世界では絶対にありえないので、せめてゲームくらいごにょごにょ…。

 

二股以上かけたことによるペナルティがあるかな?と思ってたんですが、今のところ確認できませんでしたね。

 

個人的にはあまねさんが一番イイっすね。七海さんはちょっと勘弁かな…。最後のセリフは結構ゾッとしたんですけど。

 

f:id:ttta_ro:20190114002121j:plain

JUDGE EYES 悪かったところ(ネタバレ少なめ)

もちろん気になったところもチラホラと…。

 

法廷シーンはほぼ一本道

f:id:ttta_ro:20190114002105j:plain

 

物語中に何回かある法廷シーンですが、ほぼ一本道であり、選択肢を間違えてもペナルティはほぼありません(SPがもらえないくらいか?)。

 

あんまり緊張感もないし、この演出は微妙かなー。

 

これは法廷シーン以外の、会話シーンでも同じです。一応最短でいい選択肢を選べばSPをもらえるというんですが、大した量でもないんですよね。ゲームオーバーにしたくない方針なら、例えばSPを多くもらえるとか、そういうやりくりの仕方もあったんじゃないかなーと思いますね。

 

本来のヒロインは?

ゲームの本筋としては、八神のパートナーは真冬であり、絶対的な彼女候補なはずです。しかし、そこを攻略するシナリオはなく、サブクエで出てくる女性が彼女候補で彼女にできるというのは、なんかゲームやっててモヤモヤするんですよね。

 

ストーリーを開発側がコントロールしたいから、というのはわかりますが、だとすると彼女候補というのは無しにした方が良かったんじゃないかなー。龍が如くだって、桐生がキャバクラでキャバ嬢を落とすのは一晩だけみたいな感じの演出じゃないですか。

 

このゲームは明確に彼女になるわけですから、なんだか八神が女性にだらしないとんでもない野郎という風になっちゃいますよ。もちろん、告白を断ることもできますが、なんかそういう選択肢があること自体、なんだかなーと思っちゃうんですよね。私だけですかね?

 

星野君じゃないですが、私の一押しもさおりさんですけどね、登場人物の中じゃ。

 

尾行・追跡・調査はお遊び程度

探偵を生業としている八神にとって、尾行や追跡(追いかけっこ)・調査はお手の物、なのでそれをミニゲーム形式に、という感じですが…。

 

どれもこれも、めちゃくちゃ簡単で歯ごたえがないw

 

バリュエーションもほぼ無いし、特に尾行は後半やってて苦痛でしたね。調査は猫を探すという別目的もあるので、まだマシでした(苦笑)

 

f:id:ttta_ro:20190114003305j:plain

 

龍が如く0でやってた、真島が街中を見つからないように動く、の方がドキドキしたんですけどね。何が違うんだろ。ペナルティの差かなぁ。

 

まとめ

良いことと悪いことを書きましたが、正直悪いところはあえて言えばという程度ですので、それよりもストーリーものとして本当に面白かったので、もし龍が如くシリーズをやっていて好きだったならば絶対に買いのゲームだと思います。

 

去年は洋ゲーがめちゃくちゃ豊作で、やるゲームも洋ゲーに傾いていました。そこからすると、若干ヌルさは否めませんが(ヌルゲーマーのくせに何を…w)、キムタクが主演した歴史的ゲームという点で言えば、このタイミングでやらないと時代を感じることができないわけで。

 

そんなわけで是非ともやってみてほしいゲームですね。

 

 

JUDGE EYES (ジャッジ アイズ) :死神の遺言 - PS4